トイレブースの設置例

社会でも重要なトイレ

 わたしたちがよく行くトイレできになるのがショッピングセンターのトイレが格段にレベルがあがってきたと思います。障害者の方や赤ちゃんを連れてトイレに入れるように設備もよく、すごく快適な空間がつくられています。そんな快適な空間をプロデュースしているのはやはり、メーカーさんの開発力でしょうね。
 身体障害者用トイレに優れていそうなトイレブースとしては、間仕切りの総合メーカーである小松ウォール工業は表面材に低ホルムアルデヒド材質で、パネル材質も多彩なサニティという商品があります。特にバリアフリーの省スペース型でサニティカムフォートという軽量で耐久性に優れている一枚扉で身障者の人にもスムーズに開閉できるトイレブース対応ドアがあります。
 オフィスのトイレでよく見かけそうなトイレブースはアイカ工業のアイカピュアコアというキレイな化粧板の高級感がすごくすっきりした気分を味わえるデザイナーズな感覚が、芸術的センスが冴えてくるようなトイレブースです。それでは落ち着かないという方には木目調のソフトタイプなどもあるそうです。
 快適空間設計工房とうたう文化シャッターでは妊婦さんや乳幼児を抱えてトイレに行くにも不便がないようにトイレブースに乳幼児をホールドできるトイレはショッピングセンターでもよく見かけます。
| 種類
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。